So-net無料ブログ作成
検索選択

えのき氷 効果 作り方 [健康]

えのき氷は、
糖尿病、加齢臭ダイエット美容にも効果抜群!

って知っていました?

以前話題になったえのき氷。

エノキタケをミキサーでペースト状にして、
1時間煮出し製氷皿で凍らせたものです。
ちょっと、ミキサーだすの面倒だな、と思い、
なんとなく気になっていましたが、
実践するところまでは気持ちが盛り上がらず、
スルーしていましたが…
どうも、これを試さない手はないかなと
今さら気持ちが盛り上がっています。

この夏に開催された、
東京農業大学・JA中野市の共同研究成果報告会によると、
平成23年度から平成25年度までの3年の研究成果で、
えのき茸は体脂肪減少のほか、
花粉症の改善にも役立つことが明らかになったとのことです。

特に糖尿病予防、改善効果については、
臨床試験で、飲用前、飲用後、飲用中止後の血液検査を行い、
「えのき氷」摂取による糖尿病の予防・改善に関する
効果が確認されたそうです。
効果は2ヶ月後から表れたとのことです。

えのき氷は、みそ汁や煮物、カレーなどに凍ったまま入れるだけ。
鍋物ものに入れるとおいしいとのこと。
これからの季節にピッタリ。

ザク切りにしたえのき300グラムに対して、水300~400グラム。
これをミキサー(またはハンドミキサー)にかけ、
煮詰めて(60分ほど)、
製氷皿で凍らせるだけ。
1人1日当たり3個が目安だそうです。

1時間も煮詰めるのが面倒なときは…
煮立ったら、保温調理鍋、または炊飯器で保温1時間。
これなら、簡単に作れそうです。

日光に当てるとビタミンD2がアップするので、
ミキサーにかける前に約1時間ほど、
日に当てるのもポイントだそうです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。