So-net無料ブログ作成

小学校 英語 正式教科 [世の中のこと]

スポンサーリンク




小学5年生から英語が正式な教科に?!


以前から検討されていた小学生の英語教育の改善策。

賛否両論ありますが、
この話題は、少しずつ進行していますね。


現在うちの次男が小学5年生で、
木曜日の6時間目の授業が『外国語』ですが、
英語を担任の先生に習っています。

補助をしていた方は
ニュージーランドに帰国してしまったそうです。
その後は担任の先生ひとりで授業を受け持っています。


今は『自己紹介』を習っているようですが、
家でやってもらったら
典型的なカタカナ英語でした。

照れもあるんだろうけど、
大丈夫かなぁ…


次男に聞いたところによると、
英語塾に行っている子はひとりもいないとのこと。


世の中的には
英語塾に行く小学生が増えていそうだと
予測していたところ
以外な答えでした。


低学年のころは
かなりな比率でスイミングを習っている子が
多かったです。
5年生にもなると泳げるようになって
卒業してしまうようですが。




長男が小学生の頃は先行実施の時で、
英語の歌を習ってきましたが、

英文の歌詞の上に思いっきりカタカナが
ふってあるプリントを見た時には
驚くやら呆れるやら…

これはダメでしょ、と思いながら、
当時は、先生も大変だなぁと

英語に触れる目標だとはいえ、
英語好きになるとは思えません。

…そのせいではないですが、
長男は英語が苦手です。




私が小学生の頃は担任の先生が
すべての教科を教える形でしたが、

今、小学生の息子は、
音楽、図工、算数を
それぞれの担当の先生に習っています。

英語も英語担当の先生に習う方が
いいです。絶対。


オールマイティな担任の先生がいれば、
それは理想でしょうけど、

そうなると逆に
先生のレベルの差が怖いですよね。
当たり外れが出てしまうのは。



私自身が英語が苦手なままなので、
自分の子供には、
英語が得意になって欲しいと思います。


ですが、小学生の正式科目にするのは
どうかと思います。

小さいうちからやれば出来るようになる。
と、単純には思えないです。
国語力というか、
自分の気持ちを表現できるようになって欲しい
という方が、私には優先です。


子供たちがハマる英語のゲームが流行れば、
自然と身についたりするのかも。

子供がゲームにハマるのって嫌ですが、
そんなゲームがあれば
親は買い与えるでしょうね…
そのゲームだけは、きっと私も
いそいそと買うことでしょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。